何を残せるか

小林麻央さんが逝去されてから1か月以上が経ちました。

 

彼女がブログをはじめてから、気になって時々読んでいたので、訃報を聞いた時は、本当に驚きました。

 

最近、泣く、ということがあまりなかったのですが、訃報の翌朝、夫である市川海老蔵さんのブログに、出かける支度をしながら朝から泣いてしまいました。

 

ともあれ、彼女は大きなもの残したと思う。

 

彼女が亡くなって、人々の関心は、「死」ではなく「生」に向かったと思う。

 

どう死ぬかではなく、どう生きるか。

 

残された家族がどう生きていくか。

 

いつか読んだ、ニーチェの本にこんなことが書いてありました。

 

読んだ後に、強く生を感じるもの、愛や勇気を抱かせる本を読むべきだ、と。

 

彼女のブログはそんなものだったかもしれない。

 

私も本を書くということをひとつの目標にしている。どうせ書くなら、そんな本にしたい。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です