英語の学習方法

どうやったらしゃべれるようになるの?とか、

いい勉強方法知らない?とよく聞かれます。

 

いつも閉口しそうになる質問(笑)。

 

だって、私、英語を勉強した、という感覚はあまりないから。

 

中学、高校と人並みにには英語の授業はちゃんと受けましたが、be動詞がとか、過去形がとか、はたまた接続詞や副詞、冠詞なんて言い出すと頭が痛くなりそうで、文法の授業は退屈で仕方ありませんでした。

 

一方、ALTのネイティブの授業は、受け身の授業ではなく、参加型の楽しい内容で大好きだったのですが。

 

さて、私がなぜ英語を勉強した感覚があまりないかというと、中学頃からリスニングがある程度できていたからなんです。

 

私の場合、洋楽が好きだったので、好きな歌手の歌を歌えるようになるまで、ずーーーーっと聞きこんでいたからなんです。

ここで重要なのが、ただ聞き流すだけではなく、一緒に歌うこと。

私たちの時代に、シャドウイングという言葉はあまり耳にしませんでしたが、これで自然とシャドウイングができていたようなんです。

ここで得た、英語の音に慣れる、ということは後々ものすごく活かされたと思います。

 

英語が流暢な方のほとんどが、英語を言語ではなく音としてとらえています。

実際に、私の知り合いの英語が流暢な人の多くは、英語そのものが好き、英語の音が好きと言います。

文法や用法を気にする以前に、音として文章を丸暗記している感覚に近いのです。

だから日本人によくある、日本語を頭の中で置き換えて、それによって考えて詰まるというようなことはなく、スラスラと出てきます。

 

当たり前だけど、相手が言っていることが理解できないと、会話は成り立ちません。

その意味でも、リスニング力はとても大事になってきます。

赤ちゃんが、まず親や周りの人の会話をたくさん聞いて話し始めるように、語学は耳からだと思います。

 

ですので、すぐに始められることとして、空いた時間にリスニングをすることをおすすめします。

 

バイリンガールのチカちゃんも同様のことを言っていますが、リスニングもリスニング用教材を使用するのではなく、よりナチュラルな自然の会話が収録されているもの(ドラマなど)をおすすめします。

 

教材のものは、クリアに発音するためにゆっくりした速度のものが多く、実際の生活に即していない会話内容のものが多いのでお勧めしません。

 

音楽や映画など、ご自身が好きなものを選ぶのが、長続きする秘訣ですよ!

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です