ベクトル

 

 

 

 

 

世の中、たくさんのことが『善か悪か』で成り立っている。

 

法律はその最たるもの。もちろん、それが悪いわけではないし、法律は現代社会になくてはならないもの。

 

でも、太古の昔に法律はなかったということも頭の片隅に置いていてもいいのではないでしょうか。

 

人々の価値観も、時代によって移ろっていく。場所によっても違う。

 

ある国でよしとされることが、その他の国ではタブーだったりする。

 

自分の生き方を自分で作った善悪で判断しようとすると、ときどき勝手に自分を善人にし、そうでない人を悪に見立てようとしようとしはじめる。

 

私たちは、ものごとを『善か悪か』で判断しがちになっていることを知っておいたほうがいいかもしれない。

 

ご飯を1日3食食べることはよいこと。

貯金はしておいたほうがいい。

安定した職につくのはよいこと。

 

本当にそうでしょうか?本当はすべて自己責任、個人の自由で行動することができます。

 

私は最近、自分にとって「快適か不快か」を意識するようにしています。

 

私にとって、数百人、数千人が同じ場所で働くオフィスという場所は、ずっと不快な場所でした。

だけども、働くこととはそういうものだ、みんなもそうしているしここにいるのが正しい、とどこかで思い込んでいたのです。

そう思い込もうとすることで、他の選択肢を見ないようにしてきたのかもしれません。

 

心を自由に開放し、しがみついている何かを手放したら、やっと新しい選択肢を手にすることができます。

 

ふぅーと深く吐いて、新しい空気を吸い込んだら、目を閉じて、心の声を聴いてみて。

 

いつか必ず、殻をやぶるときが、自分を縛るロープを断ち切る時が来ます。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です