分かち合い

 

 

 

 

 

 

母の日でした。私が大事にしている年中行事のひとつです。

今年は早くからその日は予定が入ってしまっていたので、ゴールデンウィーク前から今年は何を贈ろうかなと思っていました。

いつもヨガでお世話になっているお店で、素敵なスヌード型のストールがあったので、今年はあれこれ迷うことなく購入できて一安心して、しばらく車に乗せていたら、案の定発見されてしまい、その場で渡すことに。

はたまた、実家に帰るや否や、いまの季節に着る服がない〜、と愚痴る母。

洋服選びのセンスには一目置かれている私。そのセンスを作ったのは母なのですが、彼女に似合いそうなものは、とても素早く見つけられるのです。

母に身につけるものを買うことはあまりないのですが、買うと大抵どれも気に入ってくれています。

今回は、薄手の無地のセーターと半袖で総柄のチュニックTシャツを買ったのですが、見事に2日連続機嫌よく着てくれて。いつまでも健康で、若い気持ちでいてほしいという願いが伝わっているといいのですが。

そもそも、私と母は親友みたいに仲良しで、たくさん一緒に旅行にも行ったし、どの母娘よりもたくさん喧嘩もしたと思います。だから彼女の好みもよく分かる。

だけど、最近になって思うのは、あの頃は、感情的になってふさわしくない言葉遣いになってしまっていただけで、あれはお互いをよく理解し合うための分かち合いの時間だったのだな、ということ。

そこで気づかされたのは、本当に必要なのは話し合いではなく、分かち合いなのかもしれないということ。

ついつい、怒ってしまったりして、そのときの感情だけをぶつけてしまいがち。

自分のニーズを正しく伝えるって大事だなぁ

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です