ゆるゆる

 

 

 

 

 

移住生活、初日。

 

市役所からの牧歌的な眺めに愕然としたことが忘れられません。

 

こんな暮らしがあったなんて。

もちろん頭ではわかっているのですが、実際に経験してみるのとはまた違います。

 

 

私は前日まで神戸の中心部で働いていたので、見える景色が違いすぎて、しばらくは現実がうまく受け入れられませんでした。

流れる空気は3倍くらいゆっくりに感じ、のんびりしてるな~っていつも思っていましたし、今も思っています。

 

スローライフって文字だけだと思っていたけれど、実際にそうなんだというのには驚きです。

 

 

あるとき、神戸の知人から「Chisaさんは移住してから、なんかシャキッと感がなくなったよね。」と言われました。

 

自覚があったのですが、どこか少しショック。

 

このままじゃダメだという想いと、まぁいいじゃないかという想いと。

 

しかし、移住して1年が経ち、もはや都会の人の歩く速さについていける自信がありません。

 

ついていかなくてもいいのだけれど。

 

この考え方ができるようになったことが、自分のなかでは進歩なのです。

 

逆に実感しているのは、都会の人たちがいかに高いエネルギーを出しているか、ということ。

都会では常にいろんなものが競い合っていますし、だからこそ新しいものが次々に生まれているわけです。

 

私は感受性が強いのか思いっきり全身でエネルギーを受け止めてしまうので、都会に長くいすぎると疲弊してしまいます。

同じような方は多いはず。

 

今のようなユビキタス社会では、働くのに有利な場所は都会、という考え方も崩れつつあります。

 

都会での生き方しか見えなくなっている人には、移住という選択肢も知っておいてもらいたいです。

 

いつでも都会に戻る、という選択肢もあるのですから。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です