苦手なアーサナが教えてくれること

 

 

 

 

インストラクターとしてはあるまじきことなのですが、弓のポーズをはじめ、逆転系はいまも苦手。

 

私には苦手なアーサナがたくさんありますが、中でも、特に苦手なのが、ハラーサナ(鋤のポーズ)なのです。

 

※このポーズはインストラクターの指導のもと行ってください。

 

仰向け寝から、両足を揃えて持ち上げ、肩立ちのままリラックスしてしばらくホールド。足はフレックス。さらに足を頭のほうへ倒します。

 

首がやや長くストレートネック気味の私は、逆転のポーズはやる前から恐怖心が。

 

背中の硬さは自覚していましたし、それなりの対策をしてきたつもり。

だけどなんだかまだ足りない感じ。

 

完成途中のハラーサナをしたまま、2~3分ホールド。

深い呼吸の中で、自分の身体を観察。

毎日2、3回はやる。

 

正直、この時点で背中がビリビリとかなり痛い。

ホールドしていることに恐怖心すらある。

 

だけど、ただそのままでいる。

恐怖心を飲み込むように、呼吸を意識して。

今の状態を受け入れるように努める。

 

そうすると身体の背面の具体的な個所の硬さに気づきました。

ハムストリングス、大殿筋、腸腰筋、アキレス腱やヒラメ筋など。

そこからはアーサナの前にその個所を入念にストレッチ。

これに1時間以上かかりますが、がんばります。

 

あとは前面(おなか側)の引き込み不足。

それから、毎日ドローインを日常的にやってみた。

 

これらを1週間くらい続けたら、随分すんなりと足が床に近づくようになりました。

 

ヨガを続けて、自分をみつめ、自分と向き合ってきたつもり。

でも、つもり、じゃだめなんだな、と改めて気づかされる。

 

気づきだけでなく、必要なのは正しい方向の努力。

 

淡路島に移住してきてから『全力』スイッチはオフモードだったけど、またオンにしてみようかな、と思った瞬間でした。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です